2014年03月03日

今日は ひなまつり

 今日は、ひなまつりですねわーい(嬉しい顔)
梅も咲き始めて、桃の話題をお届けできればいいのですが、
先週金曜にスイートピーのハウスを訪問しましたので、今日はそちらの話題を・・


 仕事で訪問したのですが、スイートピーのハウスが見えるか見えないかのところに漂う
あま〜い香りるんるん
 スイートピーってとっても香りが良いんですよね。
もう、香りをかいだ時点で、癒されすぎて勤労意欲がなくなるくらい(笑)
いや、ちゃんと仕事しましたよ。もちろん(爆)

P2280015-1.jpg

スイートピーのハウスに入ると、こんな感じで咲いてましたよ。
もちろん、ここで、力一杯深呼吸ですグッド(上向き矢印)


そして、スイートピーがつる性の植物である証はこれ。

P2280019-1.jpg

今ひとつうまくない写真ですが、下でぐるぐるっとなっているのが、つるなのです。
どんどん伸びていきますので、つるの位置を動かしながら、栽培していくのです。


そして、スイートピーの茎の長さは・・・

P2280017-1.jpg

大体60cmくらい。けっこう長いのですよひらめき
(写真が茎の根本から写せてなくてごめんなさいです。
ずらしてませんからね、偽装じゃないですパンチ


ハウスの中ですっかり癒されました。


そして最後にひなまつりらしい一枚を。
こちらは先日の倉敷駅のイベントで展示されていたアレンジです。

P1010047-1.jpg

それでは、みなさん、すてきなひなまつりをぴかぴか(新しい)

posted by 直売所ネットワーク at 09:52| Comment(0) | 備中局農林水産事業部農畜産物生産課

2014年02月26日

桃の節句

3月3日は桃の節句、ひなまつりですねわーい(嬉しい顔)

ひなまつりといえば・・・ひなあられ?それとも甘酒?
私は断然、ひなあられ派なのですが、大人になったら甘酒もおいしいと思うようになるでしょうか・・・
いや、まぁ、すでに立派な大人なのですが、味覚はお子ちゃまって事でたらーっ(汗)

子供の頃は、母が作ってくれてたのを食べてたのですが、最近は自己調達を命ぜられていますあせあせ(飛び散る汗)ので、
高梁市のゆめ市場に母の味を探しに行ってきましたよ。

P2210006-1.jpg

これはひなあられ

P2210007-1.jpg

こっちはひし餅。ひな人形の飾り物にひし餅が入っているのは知ってるんですが、
我が家では食べる文化はなかったので、ちょっと興味津々です。
でも、「ひしだんご」って書いてあるから、餅ではなく、だんごなのかな?



それよりも、私の目を引いたのは「備中夢大納言」

P2210010-1.jpg

この小豆、岡山県が育成した品種なんですよね〜。
皮が薄くてこしあんに適していることから、高梁市のお菓子屋さん中心に出荷されてるそうです。

まだまだ寒いこのごろ、小豆から作るお汁粉とかぜんざいとか嬉しいですよねぴかぴか(新しい)

甘酒、白餅も絶賛販売中でした。

今回おじゃました直売所はこちら

 ゆめ市場
 電話:0866−22−0831
 

さてさて、今回訪れたゆめ市場がある高梁市には、人形の喜峯さんという、
ひな人形の胴体部分では日本を代表するメーカーの本社があるのです。
高梁市のお店では、事前に連絡すれば、人形作りの工程を見学することもできるそうですよ。

興味のある方は、是非、連絡の上訪れてみて下さいね。

 人形の喜峯
 電話:0866−22−2850

おっと・・・、管内各地でひなまつりイベントが開催されます。
開催期間は

 倉敷の雛めぐり(2月22日〜3月9日)
 高梁の雛まつり(4月5日〜6日:3月28日から一部展示)
 新見のひなまつり(2月27日〜3月3日)

となっておりますので、こちらも楽しんで下さいねるんるん
posted by 直売所ネットワーク at 17:37| Comment(0) | 備中局農林水産事業部農畜産物生産課

2014年02月25日

〜卒業〜

ユーミン(荒井由美)でしょうか?SPEEDでしょうか?それともアンジェラ・アキ?


県下各地で卒業式の季節ですね。
卒業といえば、新たな生活の始まりでもあります。

今が旬のスイートピーの花言葉は「門出」。
まさに、卒業をお祝いするのにふさわしいお花です。

JA岡山西船穂直売所では、事前連絡が必要ですが、予算に応じてスイートピーの花束を作ってくれますよ。

IMG_3804-2.jpg
写真は、先日作ってもらった花束。
スイートピーは花束で主役になりにくいお花ですが、本数があれば、十分主役になれますね。

問い合わせはこちらへ
JA岡山西船穂直売所
電話:086−552−5000
posted by 直売所ネットワーク at 16:10| Comment(0) | 備中局農林水産事業部農畜産物生産課